2012年02月29日

入居申込のときの申込金や手付金について

a0002_001075.jpg住みたい物件が見つかったときには入居申込をして入居する意思を伝えることになります。このときは金銭を預けなければならない場合があります。ですから入居する意思が固まっていないのであれば、入居申込をするべきではないでしょう。これがトラブルになることもあるからです。

入居申込をするときには金銭を預けなければならないことがあります。このときには申込金や手付金という名前になっていると思うのですが、どのように扱われるのかを確認しておくことが必要となるでしょう。

入居申込のときに支払った金銭は、実際の契約の時には支払う金額から差し引かれることになります。つまり、実質的には返還されるものと考えておいて良いでしょう。しかし、契約をしなかった場合にどのような扱いに成るのかと言うことを考えておかなければならないのです。

入居申込をしたのちに、何らかの理由で契約が成立しなかったときには、その金銭が返還されない場合もあるのです。入居希望者側の理由でキャンセルしたときには返還されないことが多いでしょう。手付金と言う名前になっていた場合には返還されないことが多いと思いますし、またそれ以外の名前になっていたとしても返還されないことになる場合もあるでしょう。

このような入居申込のときの金銭の支払いと言うのは、後々になってトラブルになることもあります。ですから、金銭を預けるときには、それがどのような意味のもので、どのように扱われるのかということを確認しておかなければなりません。また、領収書などをもらうことも忘れてはならないでしょう。
posted by スミダ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

マンションでのマナーやルール

a0002_003677.jpgマンションでの生活をするときにはマナーを守るということが必要になってくるでしょう。多くの人が同じ建物の中で生活をしているわけですから、それぞれがマナーを守るということが必要になってきます。これは当然のことでしょう。

例えば共用部分を自分のもののように使う人もいると思いますが、これは明らかなマナー違反です。例えば玄関のすぐ外に私物を置くというのはマナー違反だといえるでしょう。このようなことはしてはいけないのです。

そのほかにもルールというものがいろいろとあると思います。例えばごみ出しのルールなどもあると思いますし、駐車場を使う上でのルールと言うものもあるでしょう。マンションによっていろいろなルールがあると思いますが、それらを守ることも必要になってくるでしょう。

それとともにある程度は許すということも考えておかなければなりません。誰かがマナー違反をしていたからといってとやかく言う必要はないと思います。自分に実害がなければあまり気にしないほうが良いと思います。どうしても気になるのなら大家さんや管理人などに言ってもらうというようにするのが良いと思います。
posted by スミダ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

契約の更新と更新料

賃貸マンションや賃貸のアパートや、あるいは一戸建ての賃貸など、賃貸の契約をするときには契約期間を定めることが多いでしょう。多くの場合には2年くらいの契約期間だと思います。この期間が過ぎるとどうなるのでしょうか。

契約期間を過ぎても更新の手続きをすれば、その賃貸物件に住み続けることができるでしょう。この手続きをするときには更新料という費用がかかることもありますから注意が必要です。またそれ以外にも手数料などが必要になることも多いようです。

更新料は物件によって、あるいは管理会社によって異なっているようですが、相場としては家賃の1ヶ月分から2ヶ月分くらいであることが多いと思います。これは契約書に書かれていると思いますから確認しておく必要があるでしょう。
posted by スミダ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。