2012年06月04日

アパート経営を始めるための流れ

アパート経営を始めるためには、まずアパートを購入する事から始めなければならないでしょう。中にはローンを利用せずに、自己資金だけでアパートを購入するという人もいると思いますが、ここではローンを利用した場合の流れを説明したいと思います。

最初にする事は不動産屋に行って物件の情報を探すという事でしょう。それとともに銀行に行って、自分ならいくらくらいの融資を受ける事ができるのかを確認しておく必要があります。不動産屋と銀行というのは、アパート経営をする上で大事なパートナーだと考えておきましょう。

銀行で融資の金額が分かって、そして不動産屋で良い物件を見つけたのであれば、つぎはその物件についてよく調査をします。本当に良い物件なのかを色々な角度から考えましょう。そして、実際にその物件を見にいくという事も必要になります。

良いアパートが見つかって買おうと思ったのであれば、まず物件の情報を持って銀行へ行きます。そしてその物件に対してどれくらいの融資をしてもらえるのかを教えてもらいます。そして、ローンの内諾を得ておくということが必用になります。

次にする事が物件の売買契約です。売買契約のときには手付金なども必要になります。売買契約をすれば、次は銀行へ再び行ってローンの申し込みをします。そして審査に通ったのであれば実際に融資が実行され、それによって売買の決済を行います。

大まかにはこのような流れですが、細かい部分は不動産屋や銀行によっても異なってくるでしょう。また、不動産屋が銀行を紹介してくれる事もありますし、その逆もあります。
posted by スミダ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。