2012年02月17日

住宅ローンと金利動向

一戸建て住宅やマンションを購入するときには住宅ローンを利用する人も多いと思います。このときに考えておきたいのが住宅ローンの金利です。言うまでもなく金利は低いほうが良いのですが、では現在はどのような金利水準にあるのでしょうか。この点について考えておくことは必要でしょう。

金利動向金利というのは住宅ローンの金利だけではなくて、ほかの金利も同じように変動します。これは日本の中央銀行である日本銀行によるところが大きいといえるでしょう。では、日本銀行はどのようなスタンスなのでしょうか。簡単に言うと、現在は過去に例を見ないくらいの低金利政策を採っているといえるでしょう。

例えば銀行預金の金利が驚くほど低いということは多くの人が知っていることだと思います。過去に比べればないに等しいような金利でしょう。住宅ローンもこの動向と同じようなものだと考えればよいのです。現在の住宅ローンの金利は過去に例を見ないくらい低金利に抑えられているといえるでしょう。ですから、今のうちに長期の固定金利で住宅ローンを組んでおくことは良策だと考えられます。

未来の金利の予想をすることはできませんが、ある程度想定しておくことが必要だと思います。現在は景気が悪いために低金利になっているのです。景気を刺激するための低金利の状態であると言えるでしょう。金利が低ければ企業は借り入れでの設備投資をしやすくなるために低金利に据え置かれているのです。

景気刺激策の一環として低金利に据え置かれているということですから、裏を返せば景気が回復すれば金利が上昇することも考えられるでしょう。景気が回復しすぎてバブルのような状態になると、金利を引き上げて加熱した景気を抑える政策が採られるでしょう。

現在は景気が悪い状態が続いていますが、これがいつまでも続くとは限りませんし、いつまでも続かれると困るでしょう。いずれは景気回復局面が訪れると考えられます。そのときには金利が上昇するということが予想されます。それがいつなのかということは分かりませんが、いずれは利上げがあるでしょう。

住宅ローンというのは長期間にわたる融資ですから、その間に景気が回復し、金利が上昇するリスクはあるでしょう。しばらくは現在の低金利が据え置かれそうですが、利上げがいつくるか分かりません。ですから、短期の住宅ローンを組んでいるのならともかくとして、数十年という単位で住宅ローンを組むのであれば金利上昇リスクのない固定金利のほうが適していると考えられるのです。
posted by スミダ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

住宅ローンの保証料とは

住宅ローンを組むときには保証料を支払う必要があります。この保証料は数十万円にもなる事がありますから、決して安いものだとはいえないのではないでしょうか。それにもかかわらずその内容がいまいち分からないという人も多いと思います。ここでは保証料の意味を考えてみたいと思います。

銀行などの金融機関が融資を行うときには保証人を必要とする事が多いでしょう。これは万が一にも返済が滞った時のための物だと考えられるのです。住宅ローンも融資の一種ですから金融機関としては保証人を必要とするところなのですが、住宅ローンの性質を考えると保証人では不十分だと考えられるのです。住宅ローンは非常に長期にわたる融資ですから、その間に保証人にアクシデントが起こるという事も想定されるでしょう。ですから保証人を立てるのではなくて保証会社に保証人になってもらう事と条件としているのです。そのための費用が保証料という事になります。

保証料を支払わずに保証人を探したいと考える人もいると思いますが、ほとんどの金融機関では保証会社の利用を融資の条件としていますから、保証人を探して保証料を節約する事はできないと考えておいたほうが良いと思います。
posted by スミダ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

団体信用生命保険とは

住宅ローンを組もうと思ったときには団体信用生命保険に加入する事が融資の条件となる事も多いでしょう。民間の金融機関では基本的に加入しなければならないと考えておくべきでしょう。ではこの団体信用生命保険とはどういったものなのでしょうか。

住宅ローンを組んで住宅を購入した後に、一家の大黒柱に万が一の事があった場合を考えてみると良いと思います。残された家族で住宅ローンを返済していかなければならないとなると非常に大変な事ではないでしょうか。このような状況になれば住宅ローンを利用した人も困りますし、それによって返済できないとなると住宅ローンを提供した金融機関も困ってしまうでしょう。このようなときのためにあるのが団体信用生命保険なのです。

団体信用生命保険に加入していれば、住宅ローンを返済している途中に万が一の事があったり高度障害になったりした場合には、保険金で住宅ローンの残高を支払ってくれるのです。これが団体信用生命保険に加入する目的だと考えられるのです。このようにすれば万が一のときには残された家族も住宅ローンの返済に苦しむ必要はありませんし、金融機関としても融資した金額が返済されないという事もないのです。双方にとって非常に大きなメリットがあると言えるでしょう。

団体信用生命保険と言っても色々なものがあります。例えば三大疾病保障付のものや七大疾病保障付といったものもあるのです。死亡だけではなくて色々な病気によって仕事を続けられなくなったときの保障がついているものもあるのです。

団体信用生命保険に加入するときに注意しておきたいのが生命保険との重複です。生命保険に加入しているのであれば万が一のときの保障を手厚くしている場合もあると思いますが、団体信用生命保険と合算して考えると保障が手厚すぎるという事も考えられるでしょう。ですから生命保険に加入しているのであれば、総合的に考えて無駄な保険料を支払わないようにするべきでしょう。
posted by スミダ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。