2012年02月26日

家賃は収入の3分の1まで?

家賃賃貸マンションや賃貸アパートの家賃を設定するときには、「家賃は収入の3分の1まで」と言われることが多いようです。ですから、例えば手取り30万円くらいの人なら、家賃としては10万円以内に収めておくのが良いと考えられます。

ここで考えておかなければならないのが、あくまで目安でしかないということです。基本的には目安でしかありませんから、絶対にそれくらいにしなければならないということはないのです。例えば収入が低い場合には、収入の3分の1で住むことができる賃貸住宅と言うのがないということにもなりかねません。だからと言って住むのをあきらめるわけには行かないでしょう。

家賃は収入の3分の1であるといわれることは多いのですが、これはあくまでも一つの目安です。また、大家さんによってはこれを入居審査の基準としていることも多いようです。ですから、家賃が収入の3分の1以上である場合には入居審査に通らないこともあります。

家賃の設定というのは非常に難しいものですが、収入や生活費を考えて計算してみるのが良いと思います。人によって生活費は異なると思いますから、家賃として支払うことができる金額も大きく異なってくるでしょう。
posted by スミダ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

マンションとアパートとコーポとハイツはどう違う?

マンション部屋探しをしていると、マンションとなっているものもあればアパートとなっているものもあります。そのほかにもハイツやコーポといったものもあります。これらの違いは何なのでしょうか。似たようなものでも呼び方が異なりますが、これはなぜなのかということを考えておくことが必要でしょう。

結論を先に言ってしまうと、これらの区別はそれほど明確なものではないということです。ですから、同じような意味で使われることが多いと考えておいて良いと思います。それよりも実際に建物を見るということのほうが重要ですから、部屋探しの時にはあまり気にする必要はないでしょう。

違いを挙げるとすれば建物の構造や高さが挙げられると思います。マンションとなっている場合には、鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートで作られているものが多いという傾向があります。これはあくまでも傾向ですから絶対にそうだとはいえないようです。アパートやコーポやハイツといった場合には、木造や鉄骨造りのものが多いようです。高さとしては2階建てから3階建てまでくらいだと考えておくと良いと思います。

アパートとコーポとハイツの違いというのは、基本的にはないと考えておいて良いと思います。大家さんがハイツといえば、それはハイツと言うことになるわけです。大家さんがそのように呼んで決める場合もあれば、不動産屋が決める場合もあります。ですから、その違いを気にするよりも実物を見て気に入るかどうかのほうが重要であると言えるでしょう。
posted by スミダ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建売住宅と注文住宅を比較

一戸建て住宅を選ぶときには、建売住宅と注文住宅とで悩むこともあると思います。これらのメリットとデメリットを把握しておくということは重要なこととなってくるでしょう。

注文住宅注文住宅のメリットは、自分たちの好きな住宅を作りあげることができるということでしょう。間取りなども自由に決めることができますし、またこだわりたい部分にこだわるということもできると思います。このような点では、注文住宅は非常に魅力的だといえるでしょう。これが注文住宅のもっとも大きなメリットであると考えられるのです。

自由に間取りが決められるということはメリットとも考えられますが、デメリットとなることもあると思います。自分たちで間取りを考えるのと、プロが考えた間取りとを比較すると、やはりプロのほうが優れているでしょう。ですから、生活しにくい間取りになってしまう可能性もあるのです。

建売住宅は、自由に設計することはできませんが、普通に生活をするためには問題のないように作られてると思います。こだわりたいということがあれば勧められませんが、特にこだわりなどがない場合には建売住宅で不満を感じることも少ないと思います。

建売住宅と注文住宅のもっとも大きな違いというのは、完成しているかしていないかです。建売住宅はすでに完成した建物を見ることができますから、外からも見れますし中に入って確認することもできるでしょう。ですから、細かいところまで慎重に選ぶことができると言えるでしょう。

注文住宅の契約をするときには、当然のことながら建物はできていません。ですから、実際にどのような建物が建つのかということは、イメージの中にしかないということでしょう。実際に出来上がってみると、「思っていたのと違う」というように感じることもあるかもしれません。この点はデメリットであると言えるでしょう。

建売住宅と注文住宅の選択は難しいものなのです。
posted by スミダ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。