2012年05月17日

おとり物件に騙されないように

実在しない情報を掲載して客を呼び込むために、おとり広告というものが使われることがあります。おとり広告は非常に魅力的な情報が掲載されています。同じようなエリアの同じような物件に比べて魅力的な条件をつけているものが多いでしょう。

a0002_002337.jpgおとり物件を見つけて不動産屋に連絡をしてみると、まず不動産屋に来るように言われます。そしてその上で別の物件を勧められる事になるでしょう。このようにして客を集めるということは悪質な業者が行う事であると言えるでしょう。

物件情報を集めている人にとっては、それがおとり物件なのかどうかということは分からないでしょう。インターネット上での情報公開というのは誰にでも簡単にできることですから、このような偽の情報が蔓延するのも仕方がないと言えるでしょう。

インターネット上の情報を見るときには、その情報が信頼できるものなのかどうかということを判断して行かなければなりません。利用しているウェブサイトが信頼できるものなのかということを考えて情報を収集しなければならないでしょう。これはおとり物件に限った事ではないでしょう。

では、どうすればおとり物件に騙されないようにできるのでしょうか。その方法としては信頼できるウェブサイトを利用するということしかないでしょう。大手の不動産ポータルなどではおとり物件を厳しく取り締まっているところもあります。このような信頼できるサイトを利用するしかないでしょう。

おとり広告かも知れないと思ったら、その不動産屋とは付き合わないようにすることも必要でしょう。また不動産ポータルサイトなどでは通報する窓口もありますから、他の人が被害に会わないためにも通報するのが良いと思います。不動産公正取引協議会などにも通報の窓口がありますから、これも活用して欲しいと思います。
posted by スミダ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅探し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。