2012年03月02日

賃貸マンションと分譲マンション

都会での生活においてマンションと言うのは非常に便利なものと考えられるのではないでしょうか。マンションで生活をしているという人も多いと思います。このマンションについてですが、賃貸マンションで生活をしている人もいると思いますが、分譲マンションを購入している人もいるでしょう。

マンション分譲マンションを購入するメリットとしては、やはり資産が形成できるということでしょう。分譲マンションを購入するときには住宅ローンを利用することが多いと思いますが、住宅ローンを利用して分譲マンションを購入すれば、月々の返済をしているだけで大きな資産を形成することができるのです。資産を形成したのちは、老後の生活資金として売却することも考えられるでしょう。資産形成と言う観点から見れば、分譲マンションと言うのは非常に優れたものであると考えられます。

では、賃貸マンションはどうなのでしょうか。賃貸マンションのもっとも大きなメリットは、引越しを手軽にできるということでしょう。マンションを購入してしまえば簡単に売却するというわけにはいきませんが、賃貸マンションなら引越しをするのも簡単だと考えられるのです。これは非常に大きなメリットであると言えるでしょう。

例えば転勤が多い仕事をしている人にとっては、賃貸マンションと言うのは非常に便利なものであると考えられます。また、家族が増えれば引越しをするというように、ライフスタイルに合わせたマンションの選び方もできるのです。

住宅ローンを組んで分譲マンションを購入すれば、賃貸マンションに支払っている家賃と同じくらいの返済額になることもあると思います。ですから購入しようと考える人も多いようですが、それぞれのメリットとデメリットとを把握して、長期的な観点で判断していくことも必要でしょう。
posted by スミダ at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。